【必見】マンスリーマンションの相場事情「秋田編」

秋田県は、日本独自の風習が色濃く残っている場所です。

龍の伝説が残る田沢湖、角管武家屋敷通り、乳頭温泉郷などの各名所や、東北三大祭りの竿燈まつり、きりたんぽ鍋や稲庭うどんなどのグルメもあり、ゆったりとした時間が流れる場所で過ごせると、観光客にも人気です。

あきたこまちを代表とした米作りや、家具や漆器の合板、金属や電気などの重工業も発達しています。

 

このような秋田県では出張等で訪れるビジネスパーソンも多いでしょう。

そんな時マンスリーマンションを探す際に、気になる情報についてまとめてみました。

特に観光やビジネスでの滞在を考えている方にとって、気になる相場について記載しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

秋田県にあるマンスリーマンションの相場は

秋田県は、ひと月で10万円~13万円程度がマンスリーマンションの相場です。

 

マンスリーマンションでは、基本的に滞在期間が長くなればなるほど1泊に必要な賃料が安くなります。

同じ物件であっても、滞在期間によっては必要な費用が異なるため注意が必要です。

 

また、一般賃貸物件とは異なり敷金・礼金などの初期費用が不要で、

生活に必要な家具家電がすでに設置されているため、引っ越しに関して必要な初期費用が抑えられるのが魅力です。

 

初めて秋田県に滞在するため、初期費用を安くしたい時には、秋田県にあるマンスリーマンションの利用がおすすめです。

 

秋田県でアクセスの良いマンスリーマンションを選ぶには

秋田県には、単身者向けのワンルームが多く、特に秋田市内に集中して存在しています。

1997年に秋田新幹線が開通してからは、東京までのアクセスも断然しやすくなりました。

高速バスがあるので、仙台までの移動も気軽に行えます。

観光やビジネスで秋田県の滞在を考えている時は、まずはアクセス良好な秋田市内にあるマンスリーマンションを選ぶのがおすすめです。

 

公共交通機関としてはバスやタクシーがありますが、便数は少ないため移動を不便に感じることもあるかもしれません。

自家用車を持つ家庭が多いため、半年以上の長期滞在を予定しているのであれば、レンタカーの利用も考えてみるのも良いでしょう。

 

秋田県でマンスリーマンションを安く探すには

相場よりも安いマンスリーマンションを秋田県で探したい時におすすめの方法をご紹介します。

 

築年数が長い物件を探す

他の都道府県に比べると、新築・築浅物件の取扱件数が少ない傾向にあるのが秋田県にあるマンスリーマンションの特徴です。

特に秋田市内にある新築・築浅物件に関しては、人気の物件条件です。

しかし、築年数が長い物件であれば、賃料が安くなる可能性が高いため、

こだわりがない方は、あえてそのような物件を探すのも良いでしょう。

マンスリーマンションでは、退去時のクリーニングがほぼ必須となっているため、

築年数が長く外見が古く見える物件でも、室内は綺麗ということもあります。

 

秋田市外の物件を探す

秋田市内に集中しているとはいえ、秋田市外に物件がないということはありません。

特に新幹線の秋田駅周辺にある物件は、賃料にほとんど変動がありません。

取り扱い物件数が多い時には、競争原理によって価格が安くなる可能性もありますが、

あえて郊外にある物件を探してみるのも良いでしょう。

 

ただし、自家用車がないとアクセスが不便な可能性があるため、

通勤や観光地巡りなどで移動が多い方は、エリア選択をしっかり行うようにしましょう。

観光に興味がない方は、観光地ではないエリアを選ぶとさらに格安物件が見つかる可能性があります。

 

駐車場がない物件を選ぶ

自家用車を利用する場面が多い秋田県では、駐車場が完備されている物件が多く、

初期設定に駐車場代が含まれていることもあります。

別途追加料金を支払うことで駐車場を利用できる物件もありますが、

通勤や通学などに自家用車を利用しない時には、駐車場がなく、あまり人気のない物件を探すのも良いかもしれません。

 

ひとつの物件に長く住む

マンスリーマンションでは、1ヶ月以上の契約が基本になりますが、

契約期間が長ければ長くなるほど、1ヶ月に必要な賃料の価格が安くなる傾向があります。

複数の物件を短期間で契約するよりも、ひとつの物件に長く滞在した方が結果的に安くなるため、

秋田県内での移動が多い時には、物件移動をくり返すよりもアクセスしやすいエリアを選ぶ方が良いでしょう。

 

オプションはなるべく利用しない

物件によっては、オプションとして追加料金を支払うことで様々なサービスを受けられます。

例えば、布団や備品をレンタルしたい時や、備え付け以外の家具家電を利用したい時などです。

 

初めての一人暮らしでよくあるのが、オプションを追加しすぎることで、

考えていたよりも支払いが高くなってしまったというトラブルです。

滞在期間が長いほど、レンタルにかかる費用が高くなります。

場合によっては購入した方が安くなることもあるため、

本当にオプション利用が必要かどうかをしっかり判断するようにしましょう。

 

旅行シーズンを避ける

マンスリーマンションでは、休日や祝日であっても、ビジネスホテルのように宿泊料金に変動が起こることはありません。

ただし、長期滞在の時期が旅行シーズンに重なってしまうと、満室が増えるために物件探しに制限が生じてしまう可能性があります。

滞在期間が判明次第、物件探しを開始するようにすると、思わぬ掘り出し物物件を見つけられるかもしれません。

 

まとめ

秋田県は、新幹線やバスがあるので、観光やビジネスで長期滞在しながらも、

県内外への移動が多いという場合でも安心して過ごせるはずです。

ただし、自家用車がない時には不便に感じる場面が多くなるため、日常生活の影響を考えてから物件選びを行うようにしましょう。

 

相場よりも安いマンスリーマンションを利用したい時には、

今回ご紹介したポイントを参考にして物件を探すようにすると必要な費用を安くできる可能性が高くなります。

事前に絶対に譲れない条件を設定しておくと、物件探しの効率アップにも繋がります。

 

秋田県は観光地としても有名な場所です。

そのため、ゴールデンウィークや年末年始などの観光シーズンには、一時的に満室になる可能性があります。

長期滞在を考えている時には、これらの時期を迎える前に物件探しを始めるようにしましょう。