SEARCH

東京TOKYO

ウィークリー・マンスリーマンション探し

東京都

その他

東海道新幹線

東北新幹線

上越新幹線

北陸新幹線

JR東海道本線(東京~熱海)

JR山手線

JR南武線

JR武蔵野線

JR横浜線

JR横須賀線

JR中央本線(東京~塩尻)

JR中央線(快速)

JR中央・総武緩行線

JR総武本線

JR青梅線

JR五日市線

JR八高線(八王子~高麗川)

JR東北本線

JR常磐線(上野~取手)

JR埼京線

JR高崎線

JR京葉線

JR成田エクスプレス

JR京浜東北線

JR湘南新宿ライン

上野東京ライン

東武東上線

東武伊勢崎線

東武亀戸線

東武大師線

西武池袋線

西武有楽町線

西武豊島線

西武山口線

西武新宿線

西武拝島線

西武西武園線

西武国分寺線

西武多摩湖線

西武多摩川線

京成本線

京成押上線

京成金町線

京成成田空港線

京王線

京王相模原線

京王高尾線

京王競馬場線

京王動物園線

京王井の頭線

京王新線

小田急小田原線

小田急多摩線

東急東横線

東急目黒線

東急田園都市線

東急大井町線

東急池上線

東急多摩川線

東急世田谷線

(京急)京浜急行本線

(京急)京浜急行空港線

東京メトロ銀座線

東京メトロ丸ノ内線

東京メトロ日比谷線

東京メトロ東西線

東京メトロ千代田線

東京メトロ有楽町線

東京メトロ半蔵門線

東京メトロ南北線

東京メトロ副都心線

都営大江戸線

都営浅草線

都営三田線

都営新宿線

都営都電荒川線

日暮里・舎人ライナー

埼玉高速鉄道線

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス

ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線

多摩都市モノレール線

東京モノレール羽田空港線

東京臨海高速鉄道りんかい線

北総鉄道北総線

条件を追加・変更する

料金

下限

日/円~

上限

日/円~

駅から徒歩

分以内

築年数

年未満

占有面積

㎡~

ベッドタイプ

間取り

設備


東京のマンスリーマンション・ウィークリーマンション事情

東京は日本の首都であり、世界でも指折りの経済圏として発展を遂げた巨大都市です。

23区(いわゆる特別区)に加え26の市と5つの町と8つの村で構成され、都内の総人口は約1400万人にも及ぶといわれています。

 

とりわけ23区はそれぞれが独自の文化・産業の中心地として賑わいを見せており、国内に現存する企業の約1/7がここに拠点を構えています。

はるばる他地域から東京に住居や職場を移す方も多く、さながら東京一極集中の傾向は留まることを知りません。

 

言わずと知れた国内を代表するランドマーク「東京タワー」に始まり、世界で最も高い鉄塔として話題を集めたスカイツリー、

海外からの観光客に人気の浅草寺、大相撲の聖地と呼ばれる国技館など、

まさに日本文化の象徴といえるスポットが集結し、一年中多くの人が行き交う世界屈指の大都会が東京なのです。

 

文化・娯楽・産業の全てで日本の中核を担う東京では、短期滞在に便利なマンスリーマンションやウィークリーマンションの需要が年々増加しており、特に法人の方からの注目度が高まっています。

 

東京出張で短期滞在する際は、マンスリーマンションやウィークリーマンションの利用を検討してみるといいでしょう。

 

東京のマンスリーマンション・ウィークリーマンションの利便性について

世界で最も鉄道が充実している国といわれる日本において、東京のそれはさらに傑出しています。

実に18社の鉄道会社と84の路線が都内全域に張り巡らされており、各エリアへの移動は電車と電車の乗り継ぎのみで事足りる場合が多いです。

とりわけ都心部の交通の大動脈と呼ばれるJR山手線は、日本全国の路線の中でも最も利用者数が多く、その利便性の高さが伺い知れます。

また、東京駅・品川駅・上野駅と新幹線の停車駅が3駅あり、さらに大田区には東京国際空港(通称:羽田空港)があるため、遠方からのアクセスも短時間で済ませられます。

 

東京のマンスリーマンションやウィークリーマンションは特別区と呼ばれる23区に多く物件が集中していますが、

そのほとんどが最寄り駅から徒歩5~10分圏内になっており、きわめてスムーズかつ手軽な移動が可能となります。

 

ただし東京の鉄道は他の地域のそれと比較しても混雑率が高いため、場合によってはバスやタクシーでの移動も考慮しておくといいでしょう。

都会ということもあって駐車場や駐輪場は慢性的に不足しており、車や自転車での移動はあまりおすすめできません。

 

とはいえ、東京のマンスリーマンションやウィークリーマンションで短期滞在する上で交通手段に困ることは基本的に無いでしょう。

言うまでもなく商業施設の充実ぶりは国内屈指で、食品や生活雑貨、あるいは業務に必要なものの調達もマンスリーマンションやウィークリーマンションから徒歩圏内で済ませられることが多いです。

 

東京のマンスリーマンション・ウィークリーマンションの特徴

東京のマンスリーマンションやウィークリーマンションと聞くと料金が高額になるイメージがあるかもしれませんが、単身向けの格安物件も数多く存在します。

とはいえ、他の地方に比べると割高な物件が多い傾向にあるのは否めません。

物件によって料金の幅が非常に広いため、特にビジネスの出張などマンスリーマンションやウィークリーマンションを法人利用される方は、料金の精査を欠かさないことが大事です。

 

また東京は路線の種類が非常に多く乗り換えのプロセスも複雑なため、単に駅近物件というだけで決めてしまうのはおすすめできません。

営業職など頻繁に移動する機会がある方は、事前に路線ルートを調べておくといいでしょう。

 

間取りの平均はおよそ20~25平米で、出張等の単身生活であれば本来十分な広さではありますが、嵩張る荷物を持ち込む場合などは注意が必要です。

23区外であれば間取りの広さと料金の安さが比較的両立しやすいので、そちらを候補にいれておくのも一つの手です。

 

東京のマンスリーマンション・ウィークリーマンションのおすすめエリア

東京でマンスリーマンションやウィークリーマンションを探すなら、新宿区や港区、中央区などの23区がおすすめとなります。

例えば港区にある新橋エリアはビジネスマンの街として広く知られており、

数多くのオフィスが建ち並んでいるだけでなく飲食店も充実しているため、普段の生活のみならずビジネス上の会食等にも不便を感じないでしょう。

 

他には、台東区の上野エリアはパンダでお馴染みの上野動物園や国立西洋美術館などの文化施設など見所が多く、

一方で下町情緒の残る住宅街も広がっており、落ち着いた雰囲気で暮らしたいという方にもおすすめとなっています。

 

23区外なら、歴史的建造物や文化財が点在する府中市や、豊かな自然に囲まれながらもビジネス・産業が活発な八王子市が、マンスリーマンションやウィークリーマンションを探す上で狙い目となるでしょう。