SEARCH

沖縄OKINAWA

ウィークリー・マンスリーマンション探し

その他

沖縄都市モノレール線

条件を追加・変更する

料金

下限

日/円~

上限

日/円~

駅から徒歩

分以内

築年数

年未満

占有面積

㎡~

ベッドタイプ

間取り

設備


沖縄のマンスリーマンション・ウィークリーマンション事情

沖縄は日本の最西端に位置し、沖縄島を中心に150を超える島々で構成された県です。

同じ日本国でありながら本土には無い独自の琉球文化が根付いており、

豊かな自然に恵まれていることから観光地としても人気が高く、県庁所在地である那覇市を中心に様々な産業・ビジネスが発展してきました。

 

特に沖縄の象徴ともされる、一面に青い海が広がるビーチは日本国内における人気レジャースポットの一つであり、年間でおよそ1000万人の観光客が訪れるといわれています。

ノグチゲラやヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコなど天然記念物に指定された希少な生き物に出会えるのも沖縄の魅力の一つです。

 

年間を通して亜熱帯の気候が続き、沖縄特有の言語も根強く残っており、さながら国内にいながら異国情緒が味わえるエリアともいえます。

 

そんな沖縄は前述の通りビジネスが活発なエリアでもあり、出張等で沖縄に来訪しマンスリーマンションやウィークリーマンションを利用される方も多いです。

沖縄でマンスリーマンションやウィークリーマンションを利用する上でのポイントをご紹介したいと思います。

 

沖縄のマンスリーマンション・ウィークリーマンションの利便性について

沖縄のマンスリーマンションやウィークリーマンションの物件は、大半が県庁所在地である那覇市に集中しています。

ただ完全な一極集中型というわけではなく、沖縄市や宮古島市・石垣市などの主要エリアにも広く分布しています。

 

沖縄の交通機関についてですが、那覇市内に「ゆいレール」と呼ばれるモノレール線が開通している以外には鉄道がありません。

その為、普段は電車での移動がメインという方は少々不慣れな部分があるかと思います。

 

しかし鉄道が無い分バスの路線網は広く、やや時間がかかる点に目を瞑ればさほど移動に不便は感じないでしょう。

タクシーも本州の都会に比べると安い料金設定となっているので、そちらをメインの移動手段としてもいいかもしれません。

 

沖縄のマンスリーマンション・ウィークリーマンションの特徴

沖縄のマンスリーマンションやウィークリーマンションは、都会と比較すると低層の物件が多いという特徴があります。

 

また30平米以上のゆったりした間取りの部屋が多く、エリアによっては格安料金で利用できるので荷物の多い方でも快適に暮らせるでしょう。

一方で、那覇市内だと都心部並の割高物件も多いため、予算に応じて慎重に物件を選ぶことが大事です。

 

那覇市内であればモノレールの駅近物件も多いですが、

市外になると最寄りの交通機関が無い場合もあるため、出張等各エリアへの移動が必要になる場合はレンタカーの使用も視野に入れなければなりません。

その分、市外のマンスリーマンションやウィークリーマンションは家賃相場も安めに設定されていることが多いため、交通費を含めたトータルでの出費を計算しておきましょう。

 

沖縄のマンスリーマンション・ウィークリーマンションのおすすめエリア

沖縄でマンスリーマンションやウィークリーマンションを探すなら、那覇市の中心部に位置する「国際通り」エリアが最もおすすめです。

那覇空港からモノレールを乗り継いで10分前後というアクセスの良さもさることながら、グルメやショッピングが楽しめるお店が充実している点も大きな魅力となっています。

出張でマンスリーマンションやウィークリーマンションを利用される方にとっても、日々の業務に欠かせない買い物もスムーズに済ませられるので、利便性の高さも問題ないでしょう。

 

車での移動を想定するなら宜野湾市エリアもおすすめとなっています。

交通機関はさほど多くないものの、ビーチや公園など沖縄の魅力が堪能できるスポットが多く、ショッピングセンターや飲食店も多いため、

マンスリーマンションやウィークリーマンション選びにおいても人気エリアとなっています。