【必見】マンスリーマンションの相場事情「香川編」

讃岐うどんで有名な四国地方に位置する香川県。

かつての讃岐国がそのまま県になったのが香川です。

香川県は日本で最も面積が小さい県として

知られているのですが、人口密度は全国で11位となっています。

香川県の県庁所在地で最大の都市が高松市です。

四国電力をはじめ、JR四国など四国を代表する

企業の本社がこの高松市にあります。

香川県の玄関口となっているのが高松市にある高松空港です。

高松市の中心部から約15キロの場所にある高松空港は国内線だけでなく

国際線もあり、ソウル・上海・台北・香港へと運航しています。

東京羽田空港から高松空港まで約75分で到着します。

高松市は瀬戸の都とも呼ばれている四国の拠点都市となっています。

香川県の観光スポットとして人気急上昇となっているのが「直島」です。

アートの島として知られる直島では、アートに関わるさまざまな展示が見られます。

世界的に有名な巨大かぼちゃのオブジェもこの直島にあります。

また、高松城は日本三大水城として知られています。

観光客も多いことから季節ごとにさまざまな催しが開催されています。

香川県は四季を通して温暖少雨で、気候が温和です。

瀬戸内海の気候と美しい自然に恵まれた地である香川県に移住する方も増えています。

そんな移住者が利用するのがマンスリーマンションです。

移住前に香川県に住んでみるという方にはマンスリーマンションが適しています。

また、瀬戸の都でもある香川県に中長期的に出張や研修に訪れるビジネスマンにもマンスリーマンションが選ばれています。

ここではそんな香川県の県庁所在地でもある高松市と

県内人口第2位の丸亀市のマンスリーマンションの相場事情を紹介していきたいと思います。

 

高松市のマンスリーマンションの相場事情

香川県最大の都市である高松市は四国の政治、経済の中心地でもあります。

そのため、大企業の四国支店や四国を代表する企業の本社が集積しています。

四国の中でも人口第2位を誇り、公的機関も集積しています。

高松市には香川県の玄関口として知られている高松空港があります。

高松市中心部から15キロの位置に立地する高松空港は、国内外からの観光客だけでなくビジネス利用も多いようです。

 

そんな高松市の玄関口となっているのが高松駅です。

四国旅客鉄道(JR四国)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅で、愛称は「さぬき高松うどん駅」です。

高松駅前には、高松シンボルタワーがあるほか、商業施設や飲食店、

そしてホテルやマンスリーマンションが点在しています。

高松駅はすぐ近くにバスや電車、船などの交通機関が整備されているため、非常に利便性の高い場所にあると言えます。

駅周辺のマンスリーマンションに住むことで、どこへ行くにもアクセス便利となるでしょう。

駅近くにある高松港は県内の多くの島々とフェリーや船で結ばれています。

また高松のシンボルタワー内には国際会議場やホールなどの公共施設と民間の商業施設が共存しています。

飲食店も充実しているため、観光客に人気です。

 

そして高松駅前で忘れてはいけないのが「高松丸亀町商店街」です。

高松市の中心商業地区にある高松丸亀町商店街は巨大アーケード商店街です。

通りにはデパートをはじめ、さまざまなお店が軒を連ねています。

またさまざまなイベントやコンサートも開催されており、

地元の人だけでなく観光客も集まる賑やかな商店街となっています。

駅周辺や高松市中心部のマンスリーマンションはビジネスマンや移住希望者に高い人気を誇っています。

賑やかで利便性の高い駅周辺や中心部に住むことで、どこへ行くにもスムーズにアクセスできるためです。

高松市で最も賑やかな場所が先程紹介した「高松丸亀町商店街」を中心としたエリアです。

その周辺のマンスリーマンションはさまざまな方が利用しています。

高松駅まで徒歩圏内のマンスリーマンションは1ヶ月90,000円~120,000円ほどが相場です。

部屋の広さはまちまちで1R~2Kが多いようです。

高松市内にある他の駅周辺にもマンスリーマンションが点在しています。

そういった駅周辺であれば、高松駅周辺の物件よりも賃料が安く1ヶ月60,000円~80,000円ほどとなっているようです。

 

丸亀市のマンスリーマンションの相場事情

丸亀市は香川県中西部に位置する都市です。

高松市に次いで人口が多い第二の都市として知られています。

丸亀市の中心部には丸亀城があります。

丸亀市では全国のうちわの生産の9割を占めるうちわの産地です。

 

そんな丸亀市の玄関口となっているのが丸亀駅です。

四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅で、駅周辺に生活に必要なさまざまな施設や商店街などが集積しています。

高松市とは違い、レトロな雰囲気を感じられる昔ながらの風景が多いエリアです。

商店街もどこか昭和の名残を感じられる雰囲気となっています。

高松市に比べると、ホテルもマンスリーマンションも数が少ないのですが、

丸亀市を拠点にしている企業も少ないため、数が少なくても比較的予約が取りやすいでしょう。

丸亀駅まで徒歩圏内のマンスリーマンションで1ヶ月60,000円~90,000円と

高松市に比べると賃料がリーズナブルなのが特徴です。

現在丸亀市では東京圏から丸亀市への移住希望者に対し、移住支援を積極的に行っています。

コンパクトシティとして非常に住みやすいと評判の丸亀市への

移住希望者にとっても、マンスリーマンションが便利だと人気です。

マンスリーマンションを利用して一時的に丸亀市に住めば、どのような街なのか、

そして本当に住みやすいのか判断することが可能です。

そういった移住希望者にとっても、利便性の高い駅周辺のマンスリーマンションが適しているようです。

 

香川県には他にも讃岐うどんの聖地である「さぬき市」や、

沿岸部に工業地帯が発展している「坂出市」などさまざまなエリアがあります。

最もマンスリーマンションが多いのが高松市、次いで丸亀市ですが、

さぬき市や坂出市、観音寺市、善通寺市、三豊市などにもマンスリーマンションが点在しています。

それぞれのエリアで賃料に違いがありますが、予算や滞在期間に合ったお部屋を選ぶことをおすすめします。

 

香川エリアのマンスリーマンション検索はこちらからご確認ください ≫