ファミリー向けマンスリーマンションの特徴|充実した設備をご紹介

二人以上や家族連れであっても、マンスリーマンションは利用できます。その際には「ファミリー向けマンスリーマンション」といった、部屋数が多かったり、面積が広かったりする部屋を選択することになるでしょう。

このファミリー向けマンスリーマンションですが、単身用と比較してみると、ただ部屋が広くて複数人が入居できるというだけではありません。ファミリー向けマンスリーマンションならではの特徴があるのです。ファミリー向けマンスリーマンションの最大の特徴をひと言で伝えてしまうのならば「充実の設備」。

今回はそんなファミリー向けマンスリーマンションについて、詳しく説明していきます。

 

ファミリー向けマンスリーマンションは家具・電化製品・寝具が備え付けられている

単身者向けマンスリーマンションには、家具や電化製品などがそろえられていますが、

ファミリー向けマンスリーマンションにも、入居人数に合わせた設備があります。

例えば炊飯器も、単身者向けの3合炊き程度のコンパクトなものではなく、4~5合炊けるような大型のものが設置されているので安心です。

ファミリー向けマンスリーマンションでは、家族のために毎日の食事を作ることになるでしょう。

その際のキッチンツールや便利なキッチン家電なども備え付けられているので、自宅と変わらず腕を振るえます。

キッチンも重要ですが、寝室が気になるという人も少なくないでしょう。

布団やリネン周りを持ち込むのはかさばりますし、それだけでうんざりしてしまいます。

大多数のファミリー向けマンスリーマンションでは、入居人数分の寝具類を貸し出してくれます。

また、目の前に大きな道路が走っていたり、外に布団が干せない物件だったりする場合は布団乾燥機が備え付けられていたりと、

毎日の快適な睡眠をフォローしてくれるので安心です。

 

単身向けマンスリーマンションとの違いをいちばん実感できるのは充実の水回り

ファミリー向けマンスリーマンションの恩恵を感じられるのは、何といっても水回り。

ファミリー向けマンスリーマンションの場合は、

分譲マンションが転用されていることが多く、あらかじめ家族で住むことを考えて設計されているのです。

キッチンも簡素な設備ではなく、毎日の調理がしやすい広いキッチンが備え付けられています。

冷蔵庫も大型タイプが設置されていることが多く、人数が多いファミリーでも安心です。

そして、浴室周りにも注目してください。

浴室も子供といっしょに入浴できるほどのスペースがしっかり設けられているので、毎日ゆったりと脚を伸ばして疲れを癒せるでしょう。

脱衣所はもちろん、シャンプードレッサー(独立洗面台)といったスペースも設けられているので、

特に女性がいるファミリーにはうれしい設計になっています。

一般的な単身者用マンスリーマンションのキッチンは、ひと口コンロであったり、バスルームも3点ユニット式だったりと、

どうしても簡素になりがち。

ファミリー向けマンスリーマンションならばストレスなく、快適な生活が実現します。

 

ミストサウナや浴室乾燥機付きのマンスリーマンションもある

先ほどご紹介した水回り以外でも、ファミリー向けマンスリーマンションによっては、さらに充実の設備が備え付けられていることもあります。

例えば毎日の疲れを癒すミストサウナや、天候に関係なく洗濯物がカラッと乾く室内乾燥機など、

暮らしを充実させる設備があるので事前にチェックしてみましょう。

 

室内清掃などオプションが付けやすく毎日の家事も時短になる

ホテルなどの宿泊施設と異なり、マンスリーマンションでは自分で家事をする必要があります。

掃除や洗濯など普段でさえ大変なのに、慣れない環境で行うのはさらに時間がかかり、負担に感じる場面もあるでしょう。

そんなとき、ファミリー向けマンスリーマンションでは、気軽に室内清掃やクリーニングなどのオプションを付けられます。

提携している清掃会社があれば、電話一本で予約ができるので、素早い対応をしてもらえるでしょう。

割引サービスもあり、自宅で利用するよりもお得になるケースが多いのもうれしいところ。

そのほかにも提携しているクリーニング会社があれば、部屋まで届けてくれるだけでなく、

こちらも割引サービスが受けられる可能性が高く、仕事や子育てなどで毎日忙しいファミリーには、頼もしいと感じられるでしょう。

あまり頻繁に利用すると費用がかさむのでは?と心配される方は、困った時にだけ利用すると良いでしょう。

週に一回、月に一回と決めて利用すれば、大きな負担を感じることはありません。

マンスリーマンションのサービスは、賢く利用してください。

 

唯一の欠点は単身向けマンスリーマンションより部屋数が少ないこと

このようにファミリー向けマンスリーマンションは設備も充実しており、暮らしやすい環境が提供されています。

唯一デメリットとまではならなくてもウィークポイントとして挙げるのならば、そもそも提供できる部屋数が少ないこと。

やはりマンスリーマンションといえば、出張などビジネスの用途で使用する機会が多く、

特に駅前近くなど好立地の部屋は、どうしても単身者向けになってしまいます。

また、広さや設備もファミリー向けにする必要があり、運営する側としてはどうしても費用がかさみます

そのため、複数の候補から厳選していくというよりも、いくつかの中からできるだけ希望に沿った部屋を、

ときには妥協しつつも選ぶことになるかもしれません。

もし「ここに住みたい!」と思えるファミリー向けマンスリーマンションがあったのならば、

早めに契約をするなどアクションを起こす必要があります。

 

まとめ

このようにファミリー向けマンスリーマンションは、家族向け仕様になっています。

人数分の布団が備え付けられていたり、

掃除やクリーニングといった外注サービスも気軽に利用したりできるようになっているので、快適に暮らせるでしょう。

さらにはミストサウナのように、一般家庭ではなかなかお目にかかれない設備が用意されているマンションもあり、

日々の楽しみができるかもしれません。

このように充実した住環境で暮らせるとあって、単身であってもわざわざファミリー向けマンスリーマンションを選ぶ人もいるそうです。

 

マンスリーマンション検索はこちらからご確認ください ≫