法人向けウィークリーマンションは即日入居が可能?契約の流れや注意点について

自社社員の急な出張が決定した時に、

法人としてウィークリーマンションの利用を検討したことはありますか。

賃貸物件とは異なり、ウィークリーマンションでは、

希望する契約日数で物件を借りられるため、

数日間~数ヶ月などの比較的短期間の滞在にはおすすめです。

 

ウィークリーマンションの契約は、主に個人契約と法人契約に分かれています。

それぞれに所定の手続きが必要となるのですが、

特に法人向けのウィークリーマンションで即日入居を希望している時には、

どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

今回は、法人向けにウィークリーマンションを契約する時のポイントについてご紹介します。

 

とにかく急いで情報が欲しい方は、

「法人向けウィークリーマンションの契約とは」

の<1.問い合わせる>の項目以降をご覧ください。

入居に関する手続きをスムーズに行えるように、

ポイントをまとめて記載しているので、きっと参考になるはずです。

 

法人向けウィークリーマンションに即日入居するためには

 

即日入居(申込日と入居日を同日にする)を考えている時には、スムーズな契約が必要です。

企業によっても異なりますが、午前中にスムーズな契約が行えた時には、

午後から入居ができるような物件も存在しています。

即日入居するためのポイントについて、次の項目で詳しく説明していますので、参考にしてください。

 

法人向けウィークリーマンションの契約とは

 

ここからは、法人向けウィークリーマンションに入居するまでの手順をご紹介します。

特に即日入居のために必要な手続きについて記載していますが、

緊急で物件を探している方は、企業に連絡をすることを優先した方が良いでしょう。

 

「急いではいるが営業時間外のため問い合わせができない」、

「隙間時間を活用して、これからの手順について知っておきたい」など

数分間のお時間がある方は、以下の項目を知っておくと

さらにスムーズに手続きを行うことができるので、ぜひご覧ください。

 

 

<1.問い合わせる>

まずは即日入居を希望しており、具体的に希望する物件がある時には、

各物件で即日入居が可能かどうかを問い合わせましょう。

 

具体的な希望物件がなく、入居予定エリアだけが決定している時には、

ご自身で物件を探すよりも、エリア担当者まで直接連絡をした方が早い場合もあります。

その際は、予算や入居予定人数についても具体的に伝えるようにしましょう。

 

<2.入居を申し込む>

物件に空き室がある時には、予約できます。

連絡先などの必要事項を伝えて申し込み手続きを行うようにしましょう。

この時は、法人としての連絡先を伝えるように注意しましょう。

 

<3.必要書類の受け取り>

メールやFAXなどにより、契約に必要な書類一式が各企業から送られてきます。

メールで受信したデータは、署名捺印のためにプリントアウトする必要があります。

プリンターが手元にない時には、コンビニエンスストアなどを利用してデータを印刷するようにしましょう。

 

署名捺印などがそれぞれ必要になることがあるので、忘れずに記入するようにしましょう。

必要事項の記入に関しても事前に把握しておくと、よりスムーズに手続きが行えます。

 

「必要事項の記入とは?」

会社名、会社住所、連絡先、利用目的などに加えて、

法人の場合は、入居者とは別の担当者が必要になることがあります。

担当者の担当部署や連絡先などについても記入できるように準備しておきましょう。

また、入居予定者の氏名、性別、生年月日、連絡先、勤務先情報なども必要になります。

 

<4.必要書類の送付>

書類に記入が完了した後は、入居者の身分証明書の写しと一緒に

メールやFAXなどを利用して返信を行います。

この時も受け取り時と同様に、

必要な設備がない時にはコンビニエンスストアなどを利用する必要があります。

 

「提出する書類とは?」

一般的に法人契約時には、以下の書類が必要になります。

・会社謄本

・法人税納税証明書

・決算報告書

・会社概要が分かる情報(パンフレットなど)

・法人の印鑑証明書

・入居者の住民票

・入居者が勤務している情報(社員証のコピーなど)

 

会社の規模によって提出書類はやや異なりますが、

事前に上記内容を準備しておくと、手続きがスムーズに行いやすくなります。

 

<5.入金を行う>

契約に必要な金額を支払います。

銀行振り込み、コンビニ決済、クレジットカード決済など

物件や企業によっては支払い方法が異なります。

利用したい支払い方法が対応しているかどうかは事前に確認するようにしましょう。

 

<6.入居を開始する>

必要事項の確認や審査が終わり、入金確認ができ次第、入居を開始できます。

入居方法や鍵の引き渡しなどは物件ごとに異なりますので注意するようにしましょう。

最近では、オートロックや暗証番号を利用した入居が行える物件も増えてきています。

入居に関して不明なことがある時には、実際の入居開始までに確認するようにしましょう。

 

 

法人向けウィークリーマンションの注意点

 

法人向けに契約を行う時には、個人契約と同様に簡単な審査が必要です。

会社の規模が大きくて誰もが知っているような企業であれば、

ほぼ審査で断られることはないと考えて良いでしょう。

設立から長い年数が経過している時にも、審査が通りやすくなります。

 

法人向けの契約では、連帯保証人や保証会社への加入が必要となることがあります。

物件によっても異なりますが、連帯保証人が設定できないような時には、

保証会社へ加入することで不要となるので、

もしもの時に備えて覚えておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

即日でマンスリーマンションを法人契約する時には、

スムーズな手続きが行えるように、各種資料を事前に準備しておくと良いでしょう。

メールやFAXなどの環境が整っていない時には、ある程度の手間がかかるため、

環境が整った場所から申し込みを行うようにすると、手続きの流れがスムーズになります。

 

入居者の情報については、事前にウィークリーマンションの手続きに必要であることを本人に伝え、

必要な資料を提出してもらうように手配しておくと、

さらに入居までに必要な時間を早められます。

物件や企業によっては、今回ご紹介した内容と詳細が異なる場合があります。

署名捺印を行う前には、必ず契約内容をしっかりと理解するように努めましょう。